1 2 3 10 ​

腰痛

小・中学生の腰痛

小・中学生のスポーツをやっている子に多く見られる腰痛に「分離症」が挙げられます。

分離症とは

上記のように学生のスポーツをやっている子に多くみられ、体を後ろに反ると痛みが強くなるのが特徴です。分離症は早期発見が重要で、発見が遅れてしまうと骨癒合が得られなくなる可能性や、すべり症になってしまう可能性があります。

診断・施術

診断にはレントゲンやMRI、CTの撮影が必要です。整骨院ではこのような画像診断はできませんが、診察をして分離症の疑いがあれば整形外科を紹介することはできます。また、痛みを軽減させる効果のある電気治療や、周囲の筋肉を緩めて腰にかかる負担を軽減させるような施術を行うこともできます。

小・中学生の腰痛は将来にも関わる可能性があるため、些細なことでも気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。